補正下着ミネルバを訪問販売している株式会社オーグ(大阪)の評判(口コミ)をご紹介いたします。

白人モデルの多用

日本の女性用下着広告では白人モデルが多用されている具体的な理由は、通常のファッションモデルと比べ下着モデルの場合は特に清潔感のある清楚で上品な容姿が不可欠であること、元々のスタイル(特に身長の高さや脚の長さ)の格好良さや容貌の美しさではどうしても白人女性にはかなわない、下着モデルに要求される体型条件(X型,V型等)が非常に厳しいので一般的な日本人体型(A型,I型等)では向かない、モデルの体型に適度のメリハリがあり容姿が美しいほどに商品が見栄えすること、非日常的なファンタジーの演出は白人女性が最適であること、日常生活で見慣れている日本人モデルでは生々しく見えてしまうので自慰行為のネタに使用する男性が多いこと、日本人モデルだとどうしても女性客が自身とモデルの体型を比較してしまい購入意欲が低下する場合が多いこと、日本人は体毛の色が濃くて特にアンダーヘアが黒いので下着から透けてしまう可能性があること、白人モデルだとマネキン感覚で見ることができるため卑猥さが無く商品に着目しやすいこと、モデルの肌色が白いほど清楚かつ清潔感が際立ち、黒の商品はよりシックに、パステルカラーの商品は色彩がより鮮やかに、また、ブライダルインナーなどの純白の商品は肌の白さと衣装の白が相乗効果で互いに引き立て合いよりいっそう美しく見栄えし凛々しい上品さが演出されること、手脚がスラっと細長く目鼻立ちが整った美しい白人モデルは世界中の女性から理想的な女性とされ多くのトップブランドでも起用されやすいため商品に高級感が出ること、「色の白いは七難隠す」ということわざにも示されているように日本には白い肌を美の象徴とする価値観が古くから存在していること、今日の日本においては白人女性の特徴である大きな目、高い鼻、シャープな輪郭が「美人の必須条件」と見なされることが多いため、そうした容姿が憧れの的となりがちなこと、日本では恥じらいの文化によって下着モデルの仕事が敬遠されがちなため日本人のなり手が少ないこと、などが挙げられる。



オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売オーグ 訪問販売